姫小島水門跡

2017/11/10

f:id:aoshima:20100511084438j:image
2007/01/13
ピンホール 広角 / ISO100 / FUJI SUPERIA / カラーフィルム / 2秒
満潮時になると木製の門扉が弁となり、平潟湾の海水が泥亀新田へ流れ込まないという、スゴいしくみの水門。遺構として残されている。
ココはかつて、ゴウゴウとした激しい水の流れがあったのかと思うと、不思議な気持ちになる。
そしてこの地『姫小島』は『小栗判官』のヒロイン『照手姫』が松葉いぶしの難に遭ったという場所とされている。波瀾万丈の人生。
■ 藤沢市|藤沢を知る「小栗判官・照手姫」
■ 小栗判官 - Wikipedia
この水門跡を撮影中、突然IXY DIGITAL 200aの調子が悪くなり(モニタがジョジョに暗転していく様は、チョット恐ろしかった)、デジタルデータは1枚も残っていない。案内板も撮影していただけに、後々に困ってしまったのだった。