昨夜、親愛なる兄貴「桑名正博」に、
別れを告げに車を走らせる・・・
頭には、答えの出ない不可解な数式のようなものが浮かぶ、


到着し、会場に、驚いて足が止まった。
流石に兄貴、会場には人が溢れ、
表も人だらけ、何十人もの、報道陣が一列に並び、
ファンの方達も、大勢駆けつけている。


そして、多くの芸能人の方達も、
私は、会場の片隅に座らせて戴いた。


早く到着したので、眠る兄貴の顔を見せて戴いた。
まるで、生きているようだ。


それが、頭から離れない、
涙が、涙が止まらない、


そして、懐かしい人達にも、
沢山会えた。
皆、泣いていた。


何気なく私の店で飲んで、
笑って、怒って、歌っていた兄貴、
こんなに凄い人だったんだ。


こんなに多くの人達が泣いている。
ここでも、あそこでも、


そして、葬儀場に向かう時、
一軒の焼肉屋さんが、
昔、兄貴に連れて行って貰った店、


偶然にもその店の前の信号で止まった。
その頃、兄貴は丁度、今の私と同じ歳、
まさか、あの時、こんな別れが来るとは、
思わなかった。


しかし、一体どれだけの肉を食べらせて、
戴いたか、いつも焼肉かステーキ、
何故、私に・・・


お世話になりっぱなし、何か一つでも、
一度でも、お返しがしたかったのに、


通夜の後、ライブがあるとの事だったが、
座れない人達も沢山居るので、
私は、お焼香が済んだら、席を立った。
私ごときが、長居をするのは、失礼だ。
と、店に・・・


一人考え込んでいた。
こんな仕事をしているから、
こんな辛い目に合う事も多くなる。
もう、辞めたい、辞めよう・・・


と、そんな時、電話が、
先日、訪れてくれた。
ブログ仲間の、
「moozy」さんだった。


又、新しい記事を書いてくれたと、
そこには、こんな綺麗な写真と共に、
f:id:BARin:20121026230044j:image:w360
バーテンダーとしての私を称える言葉が、


「バーテンダー」
http://d.hatena.ne.jp/moozy/20121030/1351523236
ありがとうございます。
誰かが、どこかでこんな私でも、
支えてくれているのだ。
又、救われた思いがした。


深夜、誰も居ない店で、私の友人達に、
スマホで撮った。
兄貴の遺影の画像を次々に送った。
忘れて欲しくない、
偉大な兄貴の事を、


本当にありがとうございました。
安らかにお眠り下さい。
私の憧れ、親愛なる兄貴へ・・・
f:id:BARin:20121029182451j:image:w360


疲れました・・・
今日は休もうかな、
兄貴に怒られるかな・・・